このごろ化粧水には、セラミド配合のものやヒアルロン酸配合のものが商品化されています。

肌質とスキンケア選び

スキンケア選びには、個人個人の肌質も大きく関わってくるので、スキンケア商品には、肌質に合わせて販売されているものも多いようです。

大きく分けて肌は4タイプあり、その分類は敏感肌、混合肌、脂性肌、普通肌ということになります。

年齢や季節、生活習慣などによっても変化していくものです。

自分の肌の状態を、スキンケアを前日にしてjから翌朝に確認すると、前の日の晩のお手入れが肌にいいものだったかどうか知ることができます。
脂っぽさがひどいようであれば、さっぱりしたスキンケア用品に切り替えましょう。
化粧品や美容液は、乾燥している場合には、保湿目的で販売されているものを使うのがおすすめです。
肌の状態は、昼の場合はファンデーションの変化でわかるでしょう。
脂浮きや化粧くずれが脂っぽいところではおこり、粉っぽさや細かい縦ジワが乾燥しているところにはできるようです。
ストレスや環境変化に伴い敏感肌の人が増えているため、最近はスキンケア用品でも敏感肌用の化粧品が販売されているのをよく見かけます。

乾燥肌と脂性肌が混じった混合肌の方もいるでしょう。
肌のバリア機能をこれ以上損なわないように、アルコールフリーで販売されているスキンケア商品を使うようにしていきましょう。

yahooモバイル





保湿クリームの必要性